佐々木美華のクラシックバレエ情報室
検索

プリエは足首、膝、股関節を鍛えます【バレエコラム23】

プリエは足首、膝、股関節の3つの関節を使って行います。

膝だけを使って曲げて行くと、膝に負担がかかり、故障の原因になります。

股関節を使って、脚の付け根から曲げていくようにします。
付け根を曲げてプリエをしていないと、ジャンプして降りてくる時、膝が外に開かず、内側を向いてしまうという間違いにつながります。

プリエを脚の付け根から曲げていくこと、爪先を伸ばして関節を鍛えることなど、1つ1つが全ての動きに関連しています。
基礎を1つも抜かすことなく、少しずつ積み重ねなければなりません。

プリエは焦らずに、負担に耐えられる筋肉作りをしながら、徐々に関節を鍛えていく必要があります。
自分で絶えず意識して筋肉を伸ばそうと努力していれば、どこかで必ず良い結果が出ます。

腰を上にあげること【バレエコラム26】

プリエをする時、腰を上にあげ、肋骨の下にコルセットを締めているような感じを保ちます。腰が落ちるだけで、色々な間違いが出てきます、腰が落ちると同時に背中…

柔らかなプリエをすること【バレエコラム22】

柔らかなプリエができると、跳躍した時にふわりと宙に浮いているように見えます。いつ降りたのか分からない位、静かな着地をすることができ、踊りも軽やかに見え…

プリエ(plié)

フランス語で「折りたたまれた」という意味です。英語でfoldedです。…

アレグロに古典舞踊の知恵がある、アグリッピナ・ワガノワの言葉【バレエコラム27】

 私(アグリッピナ・ワガノワ)はアレグロに焦点を当て、その非常に特別な意味を強調したいと思います。 アレグロにはダンスの科学、その複雑さのすべて、そし…

腰を上にあげること【バレエコラム26】

プリエをする時、腰を上にあげ、肋骨の下にコルセットを締めているような感じを保ちます。腰が落ちるだけで、色々な間違いが出てきます、腰が落ちると同時に背中…

足の爪先も手の指を動かすのと同じように使うこと【バレエコラム25】

足の爪先も手の指を動かすのと同じように使えなければなりません。これができるようになると、爪先を感じながら着地する能力がつき、柔らかな着地が可能になりま…

アキレス腱を正しく使うこと【バレエコラム24】

プリエで脚の付け根を曲げようとすることは、足首のアキレス腱を正しく使うことになります。アキレス腱は床を押すバネとなり、ジャンプの時の柔らかい着地に影響…

柔らかなプリエをすること【バレエコラム22】

柔らかなプリエができると、跳躍した時にふわりと宙に浮いているように見えます。いつ降りたのか分からない位、静かな着地をすることができ、踊りも軽やかに見え…